料金表

保険診療と自由診療(自費診療)の違い
西葛西杉井歯科クリニックでは、患者様にとって最適な治療法を提供するため、
また保険治療の範囲では対応できない場合などは、自由診療での治療法をご案内しております。
「自由診療で最良の治療方法を」「保険の範囲内で出来る限りのことを」「見た目を重視したい」「治療費を抑えたい」など
治療前に患者様一人ひとりのご要望、ご意見をしっかりとお聞きします。
保険診療とは
国が定めた材料と治療方法の範囲内で行う治療です。同じ内容の診療であれば他医院と違いはなく、日本全国同一料金です。
虫歯や歯周病などの治療は可能な限り保険診療を行いますが、全ての治療が保険でできるわけではありません。

*

自由診療とは
保険診療適用外の様々な材料や技術を使う治療を自由診療(保険外診療)といいます。保険診療上の制限はなく、目的に合わせて最適な材料と治療技術を使い、機能性や審美性を重視することのできる治療のことです。

*

自由診療の料金表

※価格は税抜きです

詰め物・かぶせ物

詰め物
ハイブリッドセラミックインレー
セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜて作られた詰め物です。硬すぎず軟らかすぎず、粘り強さがあるため、インレーに適しています。金属アレルギーの心配もありません。

ハイブリッドセラミックインレー

インレー
30,000円
アンレー
35,000円
ゴールドインレー
金合金や白金加金などの科学的に安定した貴金属を歯科修復材としたインレーです。柔軟性があり噛み合う歯を傷めず、歯や歯茎の変色もありません。また、汚れや雑菌が付着しにくく衛生的です。

ゴールドインレー

インレー
40,000円
アンレー
45,000円
セラミックインレー
セラミック(陶器)で出来た詰め物です。審美性に優れていて見た目が美しく、ほとんど変色しません。汚れ(プラーク)もつきにくく、金属アレルギーの心配もありません。

セラミックインレー

50,000円

かぶせ物
硬質レジン前装冠
中身は金属(金銀パラジウム合金など)で、外から見える前面の部分にのみレジン(プラスチック)が貼り付けられているクラウンです。内部は金属なのである程度かみ合わせが強い部分にでも使用することができ

硬質レジン前装冠

40,000円

ハイブリッドセラミッククラウン
セラミックとプラスチックを混ぜ合わせた被せ物です。時間の経過によりツヤの減少や多少の変色があり、オールセラミックに比べてやや見た目が劣りますが、周囲の歯にダメージを与えにくい、やわらかい材質です。

ハイブリッドセラミッククラウン

60,000円

メタルセラミッククラウン
外から見えない内側に金属を使用し、見える外側にセラミックを焼き付けた被せ物です。金属を使用しているため透明度はあまりありませんが、割れにくく、強度や耐久性に優れます。

メタルセラミッククラウン

80,000円~

オールセラミッククラウン
金属を使用しないため、天然歯と同じ透明感、光沢がでます。また断熱性にも優れていおり、熱い、冷たい食べ物や飲み物でも不快な思いをすることがありません。

オールセラミッククラウン

90,000円

ジルコニア
100,000円
ゴールドクラウン
保険診療の金属のクラウンに比べて錆びにくく、歯や歯茎の変色もありません。また、汚れや雑菌が付着しにくく衛生的です。強度があるので、力のかかりやすい奥歯での使用に向いています。

ゴールドクラウン

70,000円

コア(かぶせ物の土台)
金属コア
神経を取った歯に被せ物をする際の土台の一つです。
金合金(20K)や白金加金(PGA/プラチナ加金)など様々な金属から症例によりお選びいたします。

金属コア

3,000円~

ファイバーコア
硬さや弾力性が自然な歯に近いので強い力がかかった場合も歯根を壊しにくく、歯質の大部分を失った歯の治療により適した土台です。また、歯に似た白さのため、透明感のある歯を再現できます。

ファイバーコア

10,000円

※価格は税抜きです

義歯(入れ歯)

金属床義歯(コバルトクロム)
昔から長く使われている入れ歯用金属材料です。他の金属に比べると比較的安価な金属です。バネが小さいので目立ちにくく、プラスチック義歯に比べ、汚れがつきにくいので清潔に保てます。

金属床義歯(コバルトクロム)

250,000円前後

金属床義歯(チタン)
金属床の中で、最も薄いので違和感が少ない金属素材です。また生体親和性の高い金属で、金属アレルギーがほとんどありません。比重が軽く、顎になじむので快適に使用できます。

金属床義歯(チタン)

300,000円前後

エステチックデンチャー
金属の金具がない義歯(入れ歯)で、ノンクラスプデンチャーとも言います。床部分が歯肉に近い色の柔らかい素材なので、見た目が気になる方、金属アレルギーの方も安心です。

エステチックデンチャー

95,000円〜

ホワイトクラスプ
金属ではなく、歯と同じ白い材料でできた入れ歯のクラスプ(留め金)です。クラスプは歯に止めるものなので、歯と色が近いことで目立たず見た目も気になりません。

ホワイトクラスプ

20,000円

磁性アタッチメント
入れ歯と残っている歯のそれぞれに磁石を取り付けることによって、入れ歯の安定感やものを噛む能力を高めます。カチッと入れ歯が固定されるので、安定感があります。

磁性アタッチメント

70,000円

※価格は税抜きです

ホワイトニング

ホームホワイトニング
ご自宅で気軽に行えるホワイトニングです。まず、準備のためのご来院いただき、あなたの歯列にあった専用のカスタムトレーをお作りします。
定期的に使用することで、より長く白さを維持できます。

ホームホワイトニング

全顎
35,000円
片顎
25,000円
追加ジェル1本
3,000円

※価格は税抜きです

インプラント

CT撮影費用
高性能なCTでの撮影など、安全に手術を行うために顎の骨やお口の状態を診断します。インプラント埋入のシュミレーションも行えるため、より的確・安全なインプラント治療に役立ちます。

CT撮影

5,000円

同部位何回でも追加費用無し

手術準備費
手術環境の準備、術後の消毒、経過観察、投薬など、安全な環境・万全の状態でインプラント手術を行うために必要な、様々な準備の費用です。

手術準

20,000円

本数に関わらず

インプラント埋入
歯を失ってしまった部分の顎の骨に、生体親和性の高いチタン製のインプラント(人工の歯根)を埋め込みます。骨の量が少ない方や、全身の疾患によっては行えないこともあります。

インプラント埋入

150,000円

型取り
インプラントと骨の結合が確認出来たら、上部構造を作るための型取りを行います。

型取り

2,000円

インプラント上部構造
インプラントが固定された後に被せる人工の歯です。強度のあるゴールドクラウンや、審美性に優れたセラミッククラウンなど、様々な種類の被せ物があります。

インプラント上部構造

150,000円~

GBR(骨造成術) ※必要な方のみ
インプラントを埋め入れるために十分な骨の量がない場合に行う治療法です。骨補填剤を利用したり、他の部位から採取した骨を移植するなどして、欠損した歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促します。

GBR(骨造成術)

80,000円~

※価格は税抜きです

歯周治療

再生療法(エムドゲイン)
歯周病によって溶かされた骨(歯槽骨)の部分にエムドゲインという薬を入れることによって骨を再生させる治療法です。

再生療法(エムドゲイン)

80,000円~

再生療法 + GBR(骨造成)
上記のエムドゲインという薬を使う治療法に加え、骨補填剤や骨の移植などで欠損した歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促す治療法です。

再生療法 + GBR(骨造成)

100,000円~

※価格は税抜きです

矯正治療(全顎矯正)

初めにご用意いただく費用
相談料
初めて来院された方に基本的な事をお話しする場合。

*

無料

基本検査料(診断料含む)
模型、X線写真、口の中の写真などの基本的な資料を採得する料金です。具体的な治療方法は、この検査をして分析を行わないと決定できません。

基本検査

50,000円

基本施術料(装置料含む)
小児矯正から治療を受けた方で成人矯正の必要な方は、差額の250,000円と成人矯正に入る前の基本検査料50,000円をお支払いいただければ結構です。
小児矯正
永久歯に乳歯が混ざった状態のお子様を治療する場合の費用です。
出っ歯・受け口・著しく歯が大きい場合はこの時期から治療が必要になります。

*

300,000円~

成人矯正
永久歯が生え揃い、歯に金具(ブレース)を付けて矯正治療をする場合の料金です。透明のブレースにすると+50,000円になります。

*

650,000円

毎回ご用意いただく費用
調節料
針金や装置を調節した時の費用です。

*

5,000円

保証期間中について
普通に使用していて、破損、脱落、又は不具合が生じた場合は、保証書を持参してご来院ください。
保証書発行日より5年間は無料保証とし、修理、再装着、再製作いたします。
保証条件

但し、下記のような場合には、保証期間中であっても全てが有料となりますのでご注意ください。

  • ※口腔内のメンテナンス及び検診にご来院いただけない場合。(6ヶ月に一度)
  • ※患者様の重大な不注意や事故などが原因の場合。
  • ※無理に使用したり、当院の指示に従っていただけなかった場合。
  • ※現在健康な歯が、将来的に虫歯や歯周病になった場合。
  • ※診療時に全く予測できない変化が、口腔内に発生した場合。
  • ※歯ぎしり防止マウスピースをお願いしたが、使用されなかった場合。

保証内容についてのご質問はお気軽に当院までお問い合わせください。

自由診療5年保証

医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や生計をともにする家族のために医療費を支払った場合に受けられる、一定の金額の所得控除のことです。
歯の自由診療は、高価な材料を使用することが多く治療代も高額になる場合があるので医療費控除の対象となります。
毎年1月1日〜12月31日に支払った分を翌年3月15日までに確定申告をすると医療費控除が適用され、税金が還付されます。
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

医療費控除額(最高200万円)=(支払った医療費の額ー保険金などで補てんされた額)ー10万円(※所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。)

例) 課税所得金額が500万円の人の場合、
扶養家族である子供の矯正治療費に年間90万円かかったならば、「医療費控除額=90万円10万円80万円×税率30%=24万円
つまり、矯正治療に費やす費用は実質、90万円24万円66万円で済んだことになります。
医療費控除の税率と医療費の軽減額はこちらの表をご覧ください。

課税所得金額 税率
所得税+住民税
医療費(円)
50万円 70万円 90万円 110万円 130万円 150万円
~195万円以下 15% 60,000 90,000 120,000 150,000 180,000 210,000
195万円超~330万円以下 20% 80,000 120,000 160,000 200,000 240,000 280,000
330万円超~695万円以下 30% 120,000 180,000 240,000 300,000 360,000 420,000
695万円超~900万円以下 33% 132,000 198,000 264,000 330,000 396,000 462,000
900万円超~1800万円以下 43% 172,000 258,000 344,000 430,000 516,000 602,000
1800万円超~ 50% 200,000 300,000 400,000 500,000 600,000 700,000

医療費控除の手続きは、お住まいの住所を管轄する税務署へ医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出して下さい。
その際、医療費の支出を証明する領収証や通院にかかった交通費などについて確定申告書に添付するか、提示する必要があります。

ページの先頭へ戻る