診療案内

予防歯科&PMTC

各先進国と比べると、日本では歯に対する意識が真逆!
各先進国と比較すると日本の高齢者の残存歯数は明らかに少なくなっています。
下記の表を見ても分かるように「虫歯になる前に定期健診のためで歯科医へ行く」人が7割以上を占める欧米人に対し、
日本人は「虫歯になってから歯科医へ行く」人が約8割を占める、という対照的な結果が出ています。
また定期健診を受けている人の割合からも推測できます。
歯医者に行く理由は?
定期健診のため:23%、症状が出たため:78%の日本の結果は各先進国と比べると割合が真逆!
定期的に歯科健診・クリーニングを
受けている人の割合
日本はたったの2%

痛くなったら歯医者に行けばいい…と、かるく考えている方へ

*

口の中の病気が全身疾患と強く関連しているのはご存知ですか?

虫歯菌や歯周病菌は口の中だけにとどまらず、血流にのって全身に回ると、糖尿病・動脈硬化症・心臓疾患・脳梗塞・早産などにも関与することがわかってきています。
しかし、虫歯や歯周病を深刻な病気ではないと考える方が多いのが現状であり、この認識が最も危険なのです。

定期健診で虫歯や歯周病を予防することで
これらの全身疾患も予防・改善できます!
歯周病と特に関連が強いとされる「糖尿病」ですが、実際に糖尿病を持つ歯周病患者に歯周治療を行ったところ、血糖値が改善されたという報告もされています。
つまり、定期健診でお口の中をきれいにし、虫歯や歯周病を治療・予防することで、全身疾患の予防・改善にも繋がるのです。

「肺炎」「早産低体重児出産」「糖尿病」「動脈硬化症心内膜炎」「骨粗しょう症」などに繋がります。

その他にも定期健診でメンテナンスを受けるメリットはいっぱい!

「治療の繰り返しをSTOP!」「生涯の医療費を軽減!」「いつまでも美味しく食事!」「健康なお口で口臭も予防!」「よく噛めることで認知症の予防!」

定期的なメンテナンス・健診のすすめ
「年をとれば歯を失うのは当然」そんな風に思っていませんか?
歯を失うのは、虫歯や歯周病などの病気が原因です。誰にでも起こる老化現象ではありません。つまり、病気を予防すれば歯を失うこともないということです。
生涯ご自分の歯で健康的においしく食事が出来るよう、当院では3~6ヶ月に一度の定期健診の受診をおすすめしています。
お口の中の状態を良好に保ち、全身の健康を維持していきましょう。

3〜6ヶ月に一度定期健診にお越しください

「プロフェッショナルケア」と「ホームケア」
歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」と、皆様自身がご自宅にて行う「ホームケア」を合わせて予防歯科と言います。
どちらか一つを行っていればいい、というわけではありません。
歯科医院とご自宅でのケアの両方を行うことで、大切な歯を守り続けることができるのです。
歯科医院で行うプロフェッショナルケア
PMTC(プロによるクリーニング)
PMTCとは、professional(専門家=歯科医院で言う歯科衛生士 による)Mechanical(専用の器械を使用して)Tooth(歯を)cleaning(磨き上げる)の略です。専門の器具と専用のペーストを用いて、すべての歯面とその周辺の歯ブラシ目や通常のクリーニングでは落とせないバイオフィルム(強力に付着した多種の細菌集落)を除去することが目的です。
PMTCの特徴
PMTCの特徴は、爽快感と快適さです。歯の表面がつるつるして気持ちがいいばかりでなく、バイオフィルムを落とすことにより虫歯、歯周病予防の効果があります。従来行っていたクリーニングとは異なります。歯石除去は事前に保険診療で行います。
PMTCにかかる時間は約30分程度ですが、お口の状況により個人差がございます。
ご希望の方は、お電話にてご予約ください。

*

PMTCの主な流れ

  • *

    1
    プラークがどこに残っているのかを染色液で確認します。(行わない場合もあります)
  • *

    2
    歯の表面に専用のクリーニングペーストを塗ります。
  • *

    3
    プラスチックのチップを使って歯と歯の間の汚れを落とします。
  • *

    4
    歯肉を傷つけないように、柔らかいラバーカップで歯と歯肉の境目の汚れを落とします。
  • *

    5
    さわやかな洗浄液でお口の中をきれいに洗います。
  • *

    6
    歯の質を強くし輝きを増すために、きれいになった歯面にフッ素を塗布して終了です。

PMTCに関してよくあるご質問

  • PMTCってどういう風にやるの?痛みはないの?
    柔らかいゴムでできたカップを歯にあて、回転させることにより汚れを取り除きますので、痛みを伴うことはありません。
  • 虫歯予防にも効果があるの?
    はい、効果があります。新しい虫歯の発生を抑えることができます。もちろん歯周病の予防にも効果があります。
  • PMTCを受け続けるのとしないのでは、どれだけの差があるの?
    PMTCを受けた人とそうでない人とでは、6年間で歯肉の位置に 1.4mm も差が出ます。
歯みがき指導
ご自宅でのホームケアを正しく効果的に行えるように、お一人ひとりに合わせた歯みがき方法や歯ブラシの選び方を丁寧にお教えします。
スケーリング(歯石取り)
歯周病の原因となる細菌が含まれる歯石は、ご自宅の歯みがきだけでは絶対に除去できません。専門の器具を使って、歯石を徹底的に除去します。
歯石除去は事前に保険診療で行います。
その他、フッ素塗布やシーラント填塞など
皆様自身がご自宅で行うホームケア
正しい歯みがき
自分ではきちんと磨いているつもりでも、実際には磨き残しができてしまいがちです。歯科医院での指導を受け、自分に合った歯ブラシで正しい歯みがきを行いましょう。
フッ素配合の歯みがき剤の使用
歯質を強化したり、虫歯の発生と進行を防ぐ働きを持つフッ素を含む歯みがき剤を使用し、歯みがきをより効果的なものにしましょう。
デンタルフロス・歯間ブラシ
通常の歯みがきの後にはデンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯ブラシでは届きにくい、歯と歯の小さな隙間まできれいにしましょう。
デンタルリンス
就寝中はだ液の分泌が減り、細菌が繁殖しやすくなります。就寝前や歯みがきの仕上げとしてすみずみまで殺菌します。

自由診療での料金について

ページの先頭へ戻る